<< サヨナラなんて言わないわ | main | 片桐の徒然なるままに。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

明日船出だ しばしの別れ

 

明日船出だ しばしの別れ
再びおまえと抱き合うときは

絹織物や金細工〜
(↑此処は紅)

 


星組 退団者のお知らせ
下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

百花沙里
琴まりえ
梅園紗千
彩海早矢
天緒圭花

2010年3月21日(星組東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団


美春あやか

2009年11月12日付で退団


先ずは胸を撫で下ろしております。
さやかさん(美城さん)の名前が無くて良かった。
巷の色んな噂がチョコチョコ耳に入って来るので
ここ数公演の集合日はとても緊張しているんです。

何はともあれ、このメンバーの退団は痛いですね。
片桐が星組公演を観る際
絶対視界に入ってくるメンバーばかり。。。
辞めないよね〜
と安心していた人も居れば
将来絶対良い味出る!
と楽しみにしていた人まで。。。
驚きは暫く収まりそうにありません。


百花沙里
姐さぁ〜ん!!!!!!!!
まさか貴方が辞める日が来るとは。。。
花組時代からその力強さに惚れていました。
今の星組娘役像を作り上げた内の一人だと思います。
力強いダンスも、個性的なお芝居も
時々怖い唄も…次が見納めなんて。。。


琴まりえ
ことこと。。。
何気に私の周りの男性の宝塚ファンは
殆どの人が彼女を好きだったりします。

昔は何だか棘がある雰囲気で苦手でしたが
ここ数年は好きな娘役さんでした。
豪華なドレスが本当に似合う!
そして髪型のセンスが良い!!
何でもソツなくこなすイメージがありますが
気づけば星組に無くてはならない娘役さんになっていました。
ん〜寂しい。


梅園紗千
わくわく カフェタイム で気になる存在となりました。
そしてチェックできたのが前回の『太王四神記』から。
85期好きとしては、遅くに彼女の存在を確認したのを
今、とても後悔しています。
チエちゃんを陰で支えた素敵なお姉さん。
最後の作品も絶対チェックします☆


彩海早矢
あかしぃ〜。
昔、面白い人だという認識は有ったのですが
舞台はそんなに興味をそそられませんでした。
でも、『エル・アル・コン鷹』で
金髪のストレートを観て以来
娘役さんのロングの鬘が荒れていると
「あかしを見習え!!!!」
と心の中で叫んじゃう程、あかしに堕ちました。
『太王四神記』の時は黒のストレートでしたが
その時も常に鬘が美しかったです。
鬘の手入れが行き届いている人=あかし

かなめちゃん(凰稀 かなめ)が組替えをしてきて
良い意味で支えてくれる存在になると思っていましたが…
去って行かれるのですね。
濃い星組の中で、独特の存在感があり
思わず追ってしまう人。。。寂しくなります。


天緒圭花
小芝居の人。
後5年もすれば、バリ渋な男役さんになる!
と密かに楽しみにしていた方です。
未だUp出来ていませんが
『コインブラ物語』でも客席下りで
毎回日替わりで色んな事をされていました。
「私と一緒に航海へ行きませんか?」
「何ナンパしてるんですか!!!」
「ご安心下さい。私の船は難破しません」
みたいな感じでw

スカピンの執事大好きでした。
結構片桐好のお顔立ちでいらっしゃり
面白そうで。。。
最後の作品心して観ようと思います。


美春あやか
彼女って、首が細くて長い、フェアリーズの子ですよね?
入団した時から首のラインが綺麗だなぁ〜と思っていました。
スカピンかな?
何かの作品でドレスさばきも綺麗だなぁって見付けた事があります。
下級生らしくない大人っぽいお顔立ちが目立っていました。

『再会』を全日程休演で、そのままご挨拶もなしに退団なんですね。
チョット寂しいですが、次の世界でも輝いてくれます様に。




そんな、こんなで未だ未だ続く『コインブラ物語』感想。
お付き合い頂ければ幸いで御座います。



涼 紫央、美城 れん、万里 柚美、にしき 愛

 


 



 

ビメンタ 涼 紫央
もぉーーーーーーとよこさんの為にある様な役ですね。
ハマり過ぎで怖かったです。
コンスタンサ(優香 りこ)に対する真直ぐな愛が
そこら中に溢れていて、彼女が本当に羨ましかったですw

髪型は。。。そんなに好きではないのです。。。
どちらかと言えばポスターの物か
少し癖のあるロン毛を
軽く縛った感じとか良い気がするのですが…
戦う場面有るし…

歌声が本当に優しいですね。
1幕でトム理事と唄う箇所は
本当に素敵で、鳥肌ものでした。
力強く低音を効かせるトム理事に
とよこさんの優しさが加わり
とても素晴らしいハーモニーでした。
又、何処かでこの二人のデュエットを聴きたいです!

個人的に、コンスタンサが最後の命令をする場面が
こそばゆくてツボでしたw

この二人を観ていると『うたかたの恋』を思い出します。
同じ様に思った方も多いようですね。
二人がペドロの計らいで海外へ逃亡するという場面
ジャンとミリーも同じ様な感じがありましたね、
ルドルフの夢の中ででしたが。。。
オープニングのダンスとか前にペドロ後ろにイネスという形も
ルドルフとマリーも同じ様な場面が有った…よね?
と思いながら観ていました。

何とも言えないお衣装の数々…
とよこさんはそんなにタッパが無いので
あの提灯の様な袖のボリュームは如何なものかと思いました。
もう少しボリュームダウンした方が
すっきりして見えると思います。
髪も常に下ろした状態なので、尚更…。



マルティネス 美城 れん

明日船出だしばしの別れ
再びおまえと抱き合うときは

(別れさ←「さ」って言っていた様な、いない様な…)

片桐…相当さやかさん(美城 れん)に参ってます。
ダンスもお芝居も素敵なのですが
今回は上記のフレーズのみソロが有ったんです。。。

スミマセン。。。
清く正しく美しくな宝塚の舞台にて
鼻血が出そうでした。
申し訳ない。。。

元々声の低い男役さん大好きなのですが
(まみさん(真琴つばさ)とかのんちゃん(久世星佳)とか)
さやかさんの声は低く、渋い中に凄く色気を感じます。
初見では「さやかさんが唄ってる?!」
と驚いて興奮したまま終わってしまいましたが
2回目は余りの色気に一人悶絶しておりました。

『太王四神記』の代役でも唄ってらっしゃいましたが
急な代役という事でチョット心配な感じの歌だったのですがw
(でもファンとしては最高に嬉しかったです♪)
今回は…素敵過ぎて…キュン死しそうでした。。。

という訳でやっと感想。

今回のさやかさんは4役でした。
祝賀会の参列者。
コンスタンサ(優香 りこ)の父マルティネス。
盗賊黒い風のメンバー。
水夫。
1役、1役語らせて下さい。。。
お時間がありましたらお付き合いくださいw


祝賀会の参列者。
さやかさんの事大好きなのですが
はっきり言って地味な方で御座います。
(そこを含めて勿論好きです!)
そんなさやかさんに一番地味なベージュのお衣装。。。
何となく悲しかったです。

特に目立つ役ではありませんし
スター☆ポジションでもありませんが
脇役メンバーの中でも一番地味なお衣装って…
何か…うん…違う色だったらこんなにもやもやしなかった気がします。

何方かは分りませんが
娘役さんと少し踊ってらっしゃいます。
ここの娘役ちゃんのお衣装の頭が
とても素晴らしい事になっていて
初見はセンターだったので観えていたのに
2回目は上手からだった為
娘役ちゃんの頭で見えませんでした。。。
民族衣装?宮廷衣装?なのかはよく分りませんでしたが
見た目は良いけど、隠されて不満でしたw


お次は…
コンスタンサ(優香 りこ)の父マルティネス。
モミあげから顎下まで繋がっているお髭…
某OGがよく口にする
ヒゲ部なるものに入部できるのではないか…
と観劇中に考えてしまった程、髭へのこだわりを感じましたw

娘の結婚を喜んでいる姿は
国交の香りを感じる事は出来ませんでしたが
孫が楽しみでしょうがない父のお顔でした。
「楽しみだなぁ」と言っている時に
指をクルクルする意味がイマイチ分りませんでしたが…

妻はテレサ(花愛 瑞穂)…
一気に濃くなるのは、瑞穂さんマジックですね。
如何にも尻に敷かれてそうw
ダンスの場面で何度か組んでらっしゃり
良いバランスの組み合わせだと思っています。


黒い風のメンバー。
上手客席より、宝箱?を持って登場です。
バンダナ姿で左側から
パーマがかったロングヘアーが出ていました。
何だか若者チックで好きでした。

後方での小芝居は日替わりの様で
盗んだネックレスで何やら遊んでらっしゃいました。
輪っかが連なったネックレスを眼鏡っぽくして
遊んでらしたのが印象的でした。


水夫。
是が一番好きです!
肩より少し長い髪には軽くパーマがかかっていて…
かっこ良かったです。。。
踊るし、唄うし…
この場面に座席券代の半分を払っても良いです!!!
唄うなんて思っても居なくて
初見はタダタダ驚きましたが
7割「もう1回聴きたい!!!」という思いで
2回目の観劇を決めた位、大好きな場面です。

コスタ(夢乃 聖夏)とイザベラ(夢妃杏瑠)が
デーブルの上で踊った後
主婦のさやかさんもテーブルの上で
ステップを踏んでらっしゃいます。
同じ水夫の子と一緒になのですが
誰が一緒だったかは…覚えていませんw
チョット陽気な雰囲気のさやかさんの水夫に
ドキドキが止まりませんでした。

最近の片桐は昔の様にファンとして宝塚に浸るというより
半分はお付き合い?お仕事?ボランティア?で関わる事が多く
久々にドッキドキしながた、ファン心を味わえて
いつも以上に、さやかさんの舞台に感動しました。
星組を観る時は、1ファンで居れる♪
という喜びを今後も忘れないようにしようと思います。


ショーは黒燕尾で登場です。
あの涼しいお顔で軽々と足を振り上げるさやかさんが
片桐はとても好きです。
チョットコミカルな雰囲気の男役群舞でしたが
こういうのも良いなぁと思える位気に入っています。
一度はけられて、トム理事とまりもちゃんのデュエットの後
4人口で登場します。他は長身の男役さんばかり。。。
何故このメンバーに入ってらっしゃるのか
今考えても良く分りません。
まりもちゃんを男役4人で持ち上げる時
さやかさんは背中担当です。
明らかに身長が足りていなくて、少々背伸び気味でしたw
それすらも良い!!!
なによりも再び舞台上に黒燕尾で出させていただけた事が
ファンとしてはとても嬉しいです♪


フィナーレはマルティネスのコスチュームでの登場です。
うん…いつも余り笑われない様にお見受けするのですが…
2回目観劇した時は、目の前に知り合いの方がいらしたのか
にこやかでした。

いつか、手を振って貰いたい…という大きな夢があります!




アトリミエ・カステラ 万里 柚美
『バッカスと呼ばれた男』の
ぐんちゃん(月影 瞳)のドレスですね。
思い入れがあって好きな作品だけに
登場された時は驚きました。

万里さんは本当に美しい。。。
万里さんからペドロ(轟 悠)が生まれても違和感はないです。
父とは正反対に、息子に甘いお母さん



ドン・アルフォンゾ にしき 愛
ペドロパパです。
言ってる事は決して間違っていないと思います。
全ては自国の平和の為なんですよね。。。

posted by: 片桐大夢 | | 18:19 | comments(1) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 18:19 | - | - | - |
コメント
 
2009/11/13 10:57 PM
Posted by: ひなひな
星組らしさをかもし出していた、大切な生徒さんの退団発表(T_T)

生徒さん逹が決められたことですが、昨日はすっかり落ち込んでしまいました。

片桐様のさやかさん評、そのドキドキ感よくわかります。
客席登場で席の横に立たれた時には、顔をあげることができない程のドキドキでしたし、あの素敵な歌声にメロメロになりました。やはりあの歌声といろんなお役のさやかさんを見たくて、観劇回数増やしてしまいました。